一般歯科、矯正歯科、小児歯科                
葛飾区立石の歯科医院
 
index
医院理念
こだわりの治療
むし歯治療
咬合治療
歯周病
先生、教えて
こんな時どうするの?
もしかして、むし歯?
ちょっと質問が…
お口の健康チェック
院長自己紹介
立石 地域情報
スタッフ募集
お問合せ・ご予約
医院概要
03-3692-4648
受付時間
9:00〜13:00
15:00〜18:00
土・日・祝祭日休診

歯周病治療

「プラークコントロール」なる言葉が市民権を得てから、もうかなりの時が経っています。皆さんも聞いたことがあるでしょう。

これは歯周病を治療するためには、とても重要なことです。しかし、歯周病の原因はそれだけではありません。


歯周病の治療方法

歯のぬるぬるを取る
  歯周病の主な原因は細菌です。この細菌が増殖してある程度の量になると、目に見える塊になります。それが歯垢です。

歯垢は、歯の咬み合わせの面など風通しが良いところにはつきません。そのかわりに歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)など酸素が届きにくい部分が大好きです。この細菌の塊である歯垢はある程度歯ブラシで落とせるのですが、どうしても磨き残してしまうのが、バイオフィルムとなってしまった細菌群です。

このバイオフィルムは、非常に強固に歯に付着しており、生活活性が低下しているため殺菌剤や抗生剤の作用をあまり受けません。

池や川などにある石の表面にぬるぬるしたものが付着していますが、これも一種のバイオフィルムです。我々の歯でも、ぬるぬるした所はこのバイオフィルムが出来ている所だと思っていいでしょう。

バイオフィルムの除去は、一筋縄ではいきません。歯ブラシだけではどうしても取り除くことはできません。そこで、特殊な器械を使って徹底的にバイオフィルムを破壊することが必要です。

しかし、それだけでは再びバイオフィルムが付着してしまいます。ですから、その後に再びバイオフィルムが形成できないように、殺菌をするとともに歯の表面が受けたダメージを回復させるために、フッ素塗布などの処置も必要でしょう。
PMTCの流れ
 
噛む力のコントロール
  上の項目でも述べたように、歯周病の原因は、歯周病原因菌です。しかしながら歯に加わる不自然な力も歯周病を悪化させる大きな原因の一つです。

歯というものは一本一本、形も違えば役目も異なります。本来、歯は上下対になっておりきちんと噛み合うようになっています。また、物を食べる時に顎を前後左右に動かす場合にも、どの歯が対になっている歯の溝に沿って通るのかが決まっています。決して適当にたまたまぶつかりあった所で噛んでいるのではありません。

ところが、歯が抜けたままになっていたり、治療途中で長い間放置していたり、あるいは歯並びが悪かったりといろいろな要因で噛み合わせが悪くなると、歯は次第に移動して、本来の対になるはず同士の歯がずれてしまいます。

例えば、下の奥歯が一本抜けたと仮定すると、その歯に咬み合う上の奥歯は相手がいなくなったため次第に下のほうへ移動してきます。そうすると上の歯一本だけが下の抜けた歯の隙間にはまり込むかたちになります。

歯というのは上下がカチカチとまっすぐに噛むのではなく、前後左右に下顎を動かして咀嚼します。移動した歯と他の歯が衝突するようになってしまい、皆さんが思っている以上の力がかかってしまいます。この不自然な力とは、歯を横に倒すような力のことです。

私たちが患者様の歯を止むを得ず抜く場合がありますが、この時は決して引っ張って抜くのではありません。歯を横に何度も倒すように力をかけると次第にぐらぐらになって抜けてしまうのです。

このような歯を抜く時と同じような力が噛み合わせただけでかかってしまうのです。また同様に頬づえをついたり、寝る時に横向きで腕を頬の下に入れていると、外力により歯が移動して噛み合わせが悪くなり、同じ様な結果になりますので注意しましょう。

これらの様に不自然な力がかからないように、歯の位置や当り具合を修正する事と、異常な習癖を改善することも歯周病治療の重要な部分になります。

 
歯周外科手術
  軽度の歯周病なら、歯石を取り噛み合わせの調整をして不良な冠があれば適切に修復して、あとは歯磨きをしっかりするだけである程度改善されます。

しかし進行してしまった歯周病はこれだけではなかなか改善しません。どうしても一定以上に改善が見られない部分に関しては歯周外科手術が必要になります。
まず麻酔で歯肉を切開し、歯及び骨から歯肉を剥がして不良な組織を取除き、また吸収されて不自然な形態になってしまった骨の形を修正し、必要であれば人工骨を入れるか或いは骨が再生されるような処置を施して、歯肉を縫合しパックで保護すれば終了です。

外科手術と聞くと皆さん驚かれるのですが、術後の痛みは皆さんが考えるほどではありませんので、ご心配はいりません。


歯周病の予防

歯茎の健康を保つ
  しかし、これらの歯周病治療はあくまでも対症療法に過ぎません。ここで紹介をしました方法で歯周病を治療することはできますが、ほとんどの人は必ずと言っていいほど再発します。

なぜなら、歯周病に限りませんが、歯科の疾患の多くは生活習慣病だからです。つまり、歯周病にかかる原因は、その人の食生活や歯磨きの仕方、寝るときの姿勢、噛みしめ、頬杖等の癖、お口の中の細菌の種類や数等の体質にあるからです。

ですから、治療をすることで一度はよくなりますが、生活習慣や癖、そして体質を改善していかなければ必ず再発します。

また、「歯のぬるぬるを取る」でも説明しましたバイオフィルムの存在も歯周病の再発に一役買っています。稀にバイオフィルムのつきにくい体質の人もいますが、このバイオフィルムは、どんなに丁寧に歯磨きをしても必ず残ってしまいます。さらに、これが一度歯の表面に形成されてしまうと、加速度的に付着してしまいます。

そうなるとこれはもう、プロである歯科医によって、定期的に特殊な器械でバイオフィルムを完全に除去しなくてはとることはできません。この治療をPMTC(professional mechanical tooth cleaning)といいます。

定期的に、噛み合わせからバイオフィルムの付着状況やお口の中が菌の繁殖しやすい状況になっていないか等のチェックをして、PMTCを行いバイオフィルムを除去します。さらに、歯にフッ素のジェルをコーティングするなど一連の処置を約一ヶ月おきに行います。

以下が、PMTCの流れです。


PMTCの流れ


この定期的な治療をメインテナンスといいます。こうして、歯周病の再発を防ぎながら、徐々に生活習慣や癖、体質を改善していくことで歯周病をコントロールしていきます。当院では、そのための左の写真にあるようなケア用品をいろいろご用意しています。

どれを使用するか、どのように使用するかは、患者様それぞれですので、詳しくはスタッフにお問合せください。

歯周病ケア用品


Copyrgiht(C)2005 Harada Dental Clinic. All Rights Reserved.